忍者ブログ
8  7  6  5  4  3  2  1 
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

live info!
3.28.fri.
[HOUSE. JAZZ. CROSSOVER.]
POOL TARCKS Presents "The PARTY Vol.1"

■VIO SIDE
Guest Live: Monday Michiru.
LIVE: morning set.
DJ: 鈴木一彰.

■MAGO SIDE
DJ: HAZU. NAKAHARA. Se-1 -eleven- Metalob -from Osaka-
support DJ: 鈴木一彰. YAMAMOTO. NUMATA. SHOGO. ANN.
MC: YUKAKO.
VJ: imaginary flowers.

□09PM~12AM ADV: 3500YEN. DAY: 4000YEN.@Lounge VIO(MAGO共通)
□12AM~ ADV: 2000YEN 1d. DAY: 2500YEN 1d. @club MAGO

名古屋から世界に向けクラブ・サウンドを本気で発信するレーベル"POOL TRACKS"。レーベル主催の初イベント"The Party"。オープニングを飾るゲストに、日本でのアシッド・ジャズの先駆者として知られ、シーンにおいて数少ない女性クリエイターとしての確固たる地位をも築き、今や世界的なアーティストのプロデュースも手掛けるレアな女性シンガー・ソングライターであるMonday Michiruを迎えてお送り致します。第一弾リリースとなる"morning set"のライブをはじめ、レーベル所属のアーティスト/DJ が一同に会し、ジャズ、ハウス、テクノ、ヒップホップ等がクロスオーバーするかつてない音と空間をクリエイト。

マンデイミチル

Monday Michiru
ジャズピアニスト穐吉敏子、ジャズアルト・サックス奏者チャーリー・マリアーノの間に生まれる。 87年、映画「光る女」で第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、87年度キネマ旬報新人女優賞他受賞。以後映画、TV・CF出演、DJと様々なフィードで活躍した後、活動フィールドを音楽に固め「秋吉満ちる」から本名である「Monday満ちる」に変更。日本でのアシッド・ジャズの先駆者として知られ、シーンにおいて数少ない女性クリエイターとしての確固たる地位 をも築き、プロデュースも手掛けるレアな女性シンガー・ソングライターである。2007年7月4日に初のフルカヴァーアルバム「My Ever Changing Moods」がGENEONより発売他数々のアーティストのフィーチャリング等勢力的に活動、2008年にはNEW ALBUM [NEXUS]を発売予定。

3.29.sat
南国”VIO”Paradise
-南国スタイルのライブ、ダンス、パフォーマンスを楽しみながら、
”美肌潤う縄文米使用NaturalFoods”が味わえるrelaxation Event-

出演
ハワイアンLIVE......SHINTARO WITH PANA
ハワイアンフラダンス........フラ・ロージーズ
アフリカ民族音楽(ジンバブエ).....ロワ・ンビラ
オキナワPOPS...........JING JING
and more............

open:19:00 start: 19:30
adv: 3000yen. day: 3500yen

予約:MOON STYLE/052-937-7144
http://www.moonstyle.net
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
-lounge vio-
年齢:
9
性別:
女性
誕生日:
2008/02/15
自己紹介:
-lounge vio-
magoのとなりに、野菜中心の食事も楽しめる可愛らしいライブ・ラウンジが できました。 生まれたてのこの小さな「ビオ」を、マーゴ共々よろしくお願い致します。

営業時間 
平日/日曜pm6:00~am2:00
金曜/土曜pm8:00~am5:00
ライブ等イベント時は変更あり

月曜/火曜日定休

〒460-0007
名古屋市中区新栄2丁目1-9
flexビルb2
tel: 052-737-7739

http://loungevio.blog.shinobi.jp
vio@club-mago.co.jp
ブログ内検索
アクセス解析
LIVE MOON
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]